院長ブログ

ホーム > 院長ブログ

 

虹の橋

少し前からスタッフの飼い犬の体調が悪いらしく、老犬ではあるものの残りの命の灯の数を宣告されると辛いものです。
僕も犬を飼ってますが人間と同等かそれ以上に情が移ってしまいます。

「虹の橋」という詩があります。

最近、インスタの犬友達から教えてもらいました。
飼ってた犬が先に死んでしまっても、飼い主が来るまで虹の橋と言う場所でお友達犬と遊びながら待っててくれるそうです。
飼い主が来たら、一緒に手をつないで橋を渡り、そして天国に行くそうです。


【虹の橋】

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。
病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・まるで過ぎた日の夢のように。
みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・。
動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。
突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。
それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。


因みに僕の場合は地獄に行く可能性が高そうなので、飼い犬には待ちぼうけになるから、先に渡ってろと伝える予定です(笑)
2018.11.17
 

所謂、民間療法等の考察

患者様に「テレビでやってた体操はをやれば顎はなおりますか」「ネットで売ってたサプリを飲んだら口内炎が治りますか」「本に載ってたうがい薬でうがいをしたら虫歯になりませんか」等は結構な頻度で聞かれます。

先に結論を言うと「わからない」となります。

僕は医療人なので、良くも悪くも医学的な物差しで測ってしまいますが、例えば処方されてるお薬で言うと、効果を実証するために10年かけて世界中から何十万人と動員して臨床試験をしないと認可が下りません。
医学の治療法に関しても世界基準の臨床実験を何度も繰り返して効果が認められます。

ところが、患者様から相談を受けるモノに関しては、添付書にそのような記述がないものが多く、モニター数人の効果があったと思われる人が紹介されてるだけなんです。
さらに成分の説明は書いてありましたが、試験管内では効果が認められても人体では同様の効果があるとは限らないのです。

勿論、今後効果が実証される可能性もありますが、販売先行型の代物が大逆転で効果があったケースは知る限りありません。まあ、何年経っても実験自体しないんですけどね。
2018.11.12
 

歯科衛生士募集

こんにちは。葛飾かもめ歯科の木下です。

当院ではまだまだ歯科衛生士を募集してます。

詳細はハローワーク等をご覧ください。

写真は熱海での定期研修会の写真です。

03-5672-1182 採用係まで
2018.11.5
 

仕上げ磨き

こんにちは。葛飾かもめ歯科の木下です。

今日はお子様の歯磨きにつてお話ししたいと思います。

小学校低学年までは1人では不十分ですので必ず保護者の方が最後に仕上げ磨きをしましょう。

兄弟が多いと仕上げ磨きも大変だと思いますが、特に下の子になればなるほど甘いものを覚えるのが早く、上の子と同じ量を欲しがるので虫歯のリスクが上がっていきます。なので下の子ほど、より入念に歯磨きチェックをしましょう。
2018.10.25
 

インフルエンザ予防

こんにちは。医療法人社団彩空会理事長の木下です。

気温も下がり、秋の気配が感じられる今日この頃ですが如何お過ごしでしょうか。
今日はインフルエンザ予防のお話です。
当法人も先週、全員予防接種を済ませたばかりですが、世の中にインフルエンザの予防法が氾濫していて、何を行えばよいか迷われる方も多いと思います。
医療従事者の観点で、インフルエンザの予防は「手洗い」「うがい」「予防接種」となります。
この3つは、高いレベルの臨床実験で効果が確認されてます。
もちろん、その他の予防法も行ってもいいですが、必ず最初の3つを行った上で実践してください。
因みに、インフルエンザ予防を前提としたうがいに関しては水で構いません。水以外でのうがいと比較して統計的に優位差が認められた論文はまだ出てません。費用もかかりますしね。
2018.10.18
 
このページの先頭へ
院長ブログ

診療科目

一般歯科、小児歯科、歯周病、予防歯科、審美歯科、ホワイトニング、歯科口腔外科、義歯(入れ歯)、インプラント、矯正歯科

診療時間

診療時間

アクセス

地図

京成押上線 京成立石駅より徒歩7分
〒124-0012 東京都葛飾区立石5-12-11

Yahoo!地図で見る

モバイルサイト
学校検診で虫歯と言われたら…