院長ブログ

ホーム > 院長ブログ

 

口内炎

口内炎は「口の中の出来物の俗称」として使われることが多くなってきてます。
特にお子様が口内炎になった場合は、全身と相関があることが殆どですので、手足口病やヘルパンギーナ等の風邪を含めた感染症にかかってないかを必ず病院でチェックしてもらいましょう。

治療法ですが、基本的に体調が回復すれば口内炎も消失します。どうしても痛い場合は病院で処方してもらい軟膏を塗布してください。

巷では、ビタミンが口内炎の予防になったり、ビタミンを補えば口内炎が早く治ると言われていますが、科学的な原因と結果の因果関係はわかっていません。
むしろ、ビタミンに偏らず美味しいものをたくさん食べて休養を取り、元気を回復させることを優先してください。
以下参考資料です。

米国試験群は、必須ビタミンの1日推奨摂取量100%から成るマルチビタミンを1日1回、1年間服用し、対照群はプラセボを服用した。被験者は、錠剤を服用するたびに、潰瘍性口内炎エピソードと疼痛レベル、食事摂取量に対する口内炎の影響の有無を記録した。
研究の結果、両群とも約4回のエピソードが生じ、それぞれ約8日間持続した。疼痛レベルおよび特定の食物の摂食能力に群間差はなく、投薬レジメンに対するコンプライアンス(服薬遵守)にも差はなかった。ビタミンB12レベルが低かった14例のうち5例が試験群、9例が対照群であった。新規潰瘍性口内炎エピソード数に群間差はなかった。葉酸レベルが低かったのは2例のみであり、少数であったため解析は実施しなかった。

Lalla氏は「潰瘍性口内炎の傾向のある患者がマルチビタミンを服用しても、潰瘍性口内炎の期間または頻度は減少しなかったため、臨床現場でマルチビタミンを勧めるべきでない。重症の場合は、特に低レベルのビタミンB12または葉酸についてスクリーニングを行うべきである」という。別の専門家は、「患者は理解していないため非常に不安に思うことが多いが、大多数が軽度の症例であり、治療なしで7〜10日で治癒する」と述べている。
出典
https://consumer.healthday.com/dental-and-oral-information-9/misc-dental-problem-news-174/taking-multivitamins-won-t-prevent-canker-sores-study-says-663371.html
2017.10.16
 

かもめ歯科では診療ユニット3台、予防ユニット2台、歯科医師3名、歯科衛生士2名、歯科助手4名にて診療を行っております。

すっかり秋めいてきました。季節の変わり目ですので皆様体調には十分お気を付けください。
2017.10.12
 

リンゴ

今年も患者様からリンゴを頂きました。
このリンゴが一番美味しいです( ◠‿◠ )
2017.10.6
 

ダイエット

ダイエットと言いますか明日で食事制限を開始して丸4年となります。
そもそものきっかけが、沖縄の社員旅行が控えていて少し体を絞ろうというくだらないモノでした。
何をしたかと言うとまあ単純で、朝は野菜ジュースだけ、昼はカロリーメイト1本、夜は特に制限せずにバランス良く普通に食べる。
その他に週4回8キロ通勤マラソンをします。
僕は頭はデカめですが身長は180センチで、4年前は体重が78キロでしたが今は69キロになりました。
年2キロ痩せる計算ですね。
是非お試しください。お勧めです。
2017.9.29
 

感染対策

葛飾かもめ歯科では消毒滅菌を徹底して行い、感染対策に万全の注意を払っております。
2017.9.21
 
このページの先頭へ
院長ブログ

診療科目

一般歯科、小児歯科、歯周病、予防歯科、審美歯科、ホワイトニング、歯科口腔外科、義歯(入れ歯)、インプラント、矯正歯科

診療時間

診療時間

アクセス

地図

京成押上線 京成立石駅より徒歩7分
〒124-0012 東京都葛飾区立石5-12-11

Yahoo!地図で見る

モバイルサイト
学校検診で虫歯と言われたら…